簿記検定は役に立つのか

>

日商簿記検定の初級から一級まで

日商簿記三級

簿記三級は一回の試験で、十万から十二万人程度の人が受験者する最も大規模な試験日商簿記の中でもです。

簿記三級では、商業簿記に関することを学びます。
出題される問題は、簿記原理の理解や諸取引の処理、決算表の作成などがあります。
簿記検定の三級を取得していると、商業簿記における基本的な知識や技術を習得していることの証明になります。
個人で商売を行っている自営業の人や規模の小さな企業では、簿記の三級を取得していると経理で役立てることができます。
また、確定申告を行う際にも、確定申告をスムーズに行うことができるようになります。

簿記検定の三級の合格率は四十パーセント程度になります。

三級を受験する場合には、参考書や問題集を購入して、自宅での学習でも合格することは可能です。

日商簿記二級と一級

日商簿記検定には、初級から一級がありますが、初級や三級を取得していなくても、二級を受験することができます。
三級を飛ばして二級から受験する人が、試験に合格することは少なくありません。

簿記の二級を合格するには、自宅での学習でも可能ではありますが、難しいです。
日照簿記二級からは、三級にはなかった工業簿記が追加されます。
なので、合格するには専門のスクールや通信教育を受ける方が良いです。

日商簿記一級の試験では、簿記分野からの出題だけでなく、財務諸表規則に会計学や会社法などが出題される試験になります。

一般的に日商簿記一級は、公認会計士や税理士などのような国家試験への登竜門として位置付けられています。
日商簿記一級を取得すると、税理士資格の試験を受験する資格が得られます。


TOPへ戻る