簿記検定は役に立つのか

>

簿記検定の資格

簿記検定の資格の種類

簿記検定の資格を取得できる試験は毎年行われていますが、主催している団体によって名称が変わります。

よく耳にするであろう日商簿記検定は、初級から一級まであります。
また、主催は別ですが、全商簿記検定というものは、三級から一級まであります。
その他、全経簿記検定という検定試験もあり、四級から上級まであります。

簿記検定の試験は、試験を主催している団体は三団体があり、簿記検定の資格もそれぞれの団体のものが三種類あります。
その中でも、日商簿記検定は、知名度が高く、受験を受ける人の数がとても多いです。
そのため、社会的な信頼や評価も高く得ています。
なので、一般的に簿記検定と言えば、この日商簿記検定のことを言います。

日商簿記検定について

日商簿記検定は、日本商工会議所の簿記検定のことになります。
簿記検定の中でも、日商簿記検定は、試験を受ける人の数が最も多く、高い知名度があります。
日商簿記検定は、社会的な信頼もあつく、高い評価を得ている簿記検定です。

一般的には、簿記検定の資格と言えば、この日商簿記検定のことになります。

日商簿記検定の資格の場合には、初級から一級までが設けられています。

日商簿記検定の試験は、三級と二級は年三回、一級は年二回行われています。
初級に限り、ネット試験施行会場で行っています。
それぞれのネット試験施行会場が随時試験で設定している日時に試験を受けることになります。
なので、ネット試験施行会場によって、受験日だけではなく、申し込み方法も異なります。


TOPへ戻る